スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

ソープストーンのレーシーペンダント(オフルーム)【ビーズアクセサリーキット】


針と糸を使って編み込むオフルームの作品です。
オーバルのソープストーンをレース風に包み込んだペンダントです。
少し黄色味がかった優しい白色でまとめているので、どんなお洋服にも相性ぴったりです。
ネックレス部分には、ツイストのソープストーンを使用し、程よい存在感を演出しています。
春の装いにいかがでしょうか?


■キットのレベル■
 中級~上級

■ワンポイントアドバイス■
オフルームでよく使われいるビーズ針は、10号、11号、12号です。
数字が大きいほど細く、それぞれに5cmくらいの長針と、3cmくらいの短針があります。
ビーズを一度にたくさん通すときには長針が、糸始末するときや、編地のすき間でビーズを1個拾うときは短針が向いています。
キットは12号の針を使用しています。
初心者の方には長針が使いやすいと思います。
ビーズ糸は、ナイロン製と合成繊維があります。
ナイロン製の糸はデンタルクロスのように撚りがなく、表面がワックスコーティングしてあるのが特徴です。
撚りがないので糸割れしにくい、伸縮性があるので糸を引き締めやすい、などのメリットもあります。
合成繊維は、ナイロン製の糸に比べて丈夫ではりがあり、水にも強い性質です。

スポンサーサイト

| オフルーム | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

イエローネックレス(オフルーム)【ビーズアクセサリーキット】


オフルーム イエローネックレスは、針と糸を使って編み込む作品です。
ネック部分は『スパイラル』というステッチの技法で優しい立体感をつくっています。
チューリップとテントウ虫のボヘミアン復刻ビーズを両サイドに粒ビーズをひと粒、ひと粒、針に通してゆく作業はちょっと時間はかかりますが、見た目よりも意外と簡単に形になります。

■キットのレベル■
 中級

■ワンポイントアドバイス■
オフルームでよく使われいるビーズ針は、10号、11号、12号です。
数字が大きいほど細く、それぞれに5cmくらいの長針と、3cmくらいの短針があります。
ビーズを一度にたくさん通すときには長針が、糸始末するときや、編地のすき間でビーズを1個拾うときは短針が向いています。
キットは12号の針を使用しています。
初心者の方には長針が使いやすいと思います。
ビーズ糸は、ナイロン製と合成繊維があります。
ナイロン製の糸はデンタルクロスのように撚りがなく、表面がワックスコーティングしてあるのが特徴です。
撚りがないので糸割れしにくい、伸縮性があるので糸を引き締めやすい、などのメリットもあります。
合成繊維は、ナイロン製の糸に比べて丈夫ではりがあり、水にも強い性質です。

| オフルーム | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

ボヘミアンパールスパイラルネックレス(オフルーム)【ビーズアクセサリーキット】


オフルーム ボヘミアンパールスパイラルネックレスは、針と糸を使って編み込む作品です。
ネック部分は『スパイラル』というステッチの技法で優しい立体感をつくっています。
見た目よりも意外と簡単に形になります。

■キットのレベル■
 中級

■ワンポイントアドバイス■
オフルームでよく使われいるビーズ針は、10号、11号、12号です。
数字が大きいほど細く、それぞれに5cmくらいの長針と、3cmくらいの短針があります。
ビーズを一度にたくさん通すときには長針が、糸始末するときや、編地のすき間でビーズを1個拾うときは短針が向いています。
キットは12号の針を使用しています。
初心者の方には長針が使いやすいと思います。
ビーズ糸は、ナイロン製と合成繊維があります。
ナイロン製の糸はデンタルクロスのように撚りがなく、表面がワックスコーティングしてあるのが特徴です。
撚りがないので糸割れしにくい、伸縮性があるので糸を引き締めやすい、などのメリットもあります。
合成繊維は、ナイロン製の糸に比べて丈夫ではりがあり、水にも強い性質です。

| オフルーム | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

オフルーム

◆オフルーム◆
人気急上昇中のオフルーム。
オフルームとは、ビーズ織り機を使わず、針と糸でシードビーズなどを一粒一粒編み込む技法のことです。
特に、アメリカで盛んですが、国々によってさまざまな技法を作って独特なアクセサリーがつくられます。
最近は、日本でも注目されています。

テグス編みと違っていて、柔らかい糸で編み込むので肌触りがよく繊細に仕上がります。
ビーズの種類や糸の引き具合で柔らかさを変えて、いろいろな表情の作品を作り上げることもできます。
主にはシードビーズを使いますが、ベネチアン、ボヘミアン、天然石などを作って編みあがると華やかな作品に仕上がります。
オフルームにはペヨーテ、ブリック、ネッティング、スパイラル、ヘリンボーン、シェブロンなど、その他多くのステッチがあります。

| オフルーム | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。