スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

オロ クオーレ アシンメトリーネックレス作り方【ビーズアクセサリーレシピ】


クオーレ(ハート)のベネチアンをポイントに、アシンメトリーなバランスの大人の遊び心いっぱいのアクセサリーネックレスです。
くもりガラスに包まれたオロ(金箔)が優しく上品に輝き、いつもと違うベネチアンビーズをお楽しみください。

■アクセサリーレシピ作り方■
 ↑作り方はこちら sorry! 現在公開していません
染色が穴に詰まってテグスが通りにくい場合があります。
その場合はマチ針などで穴を通してから使用するとテグスが通りやすくなります。

■作り方を見て■
Tピン、9ピンを使う基本的な作り方パターンなので、初めてTピン、9ピンを使用するという方におすすめです。

■出来上がりサイズ■
 ネックレス長さ22.5cm+アジャスター5cm

■必要な材料■
 ベネチアン クオーレオロ ハート 1ケ
 ざらざらパール6mm キスカ 5ケ
 楕円パーツ 金古美 2ケ
 チェーン 金古美 8cm
 ボールチェーン 金古美 15.5cm
 楕円ボールチェーン 金古美 16cm
 ボールチェーンつなぎ 金古美 2ケ
 丸カン0.8×4.0mm 金古美 8ケ
 丸カン0.6×2.8m 金古美4ケ 1ケ
 9ピン0.7×30mm 金古美 11ケ
 Tピン0.7×30mm 金古美 9ケ
 アジャスター 金古美 1ケ
 フック 金古美 1ケ

スポンサーサイト

| ネックレス【作り方レシピ】 | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

シャインサマー ネックレス作り方【ビーズアクセサリーレシピ】


ビーズボールをつなぎあわせたアクセサリーネックレスです。
今年流行のホワイトカラーのコーディネイトにキラキラ感をプラスしてワンランクアップのお洒落をお楽しみ下さい。

■アクセサリーレシピ作り方■
 ↑作り方はこちら sorry! 現在公開していません

■作り方を見て■
同じ作り方でビーズボールを5つ作ったらあとはネックレス部分のワイヤーに通すだけなので、とても簡単です。

■必要な材料■
 スワロフスキー4mm クリスタル 162ヶ
 ボヘミアングラス14mm クリスタルAB 6ヶ
 ボヘミアングラス4m クリスタルAB 22ヶ
 ボヘミアングラス6m クリスタルAB 16ヶ
 ボールチップ ハミルトンゴールド 2ヶ
 引き輪 ハミルトンゴールド 1ヶ
 アジャスター ハミルトンゴールド 1ヶ
 つぶし玉 ゴールド 2ヶ
 テグス2号 300cm
 ナイロンコートワイヤー ナチュラル(太) 50cm


◆スワロフスキー◆
オーストリアのスワロフスキー社製で、クリスタルビーズの代名詞的存在。
独特のきらめきと透明感、精巧なカットによる気品の良さを創り出し、多くの女性が魅了されているようです。
クリスタルガラスはケイ石、石炭、ソーダなどを高温で溶かし、混ぜ合わせて製造しますが、これに酸化鉛を加えることでクリスタルが誕生します。そこに美しく精巧なカットをほどこし、上品で美しい輝き・発色にさらに磨きをかけます。
カラーは数十種類、サイズは直径3mm~8mmと豊富で、シェイプもソロバン型(ダイアモンド型)・ミラーボール型などがあります。
とても人気のあるビーズで、アクセサリーのメインキャラ的存在、衣装のゴージャスさを強調する役割を、見事に果たしてくれます。
アクセサリー全体にたくさん使うよりも、デザインのアクセントやベースとして利用されることが多いのも特徴です。

◆ボヘミアングラス◆
ボヘミアングラスは、チェコで作られるガラスビーズの総称でファイヤーポリッシュとも呼ばれます。
形は多面体カットをほどこした少し細長い球状のものが中心で、美しい光の反射を生み出します。

| ネックレス【作り方レシピ】 | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

ベネチアンエリカ ネックレス作り方【ビーズアクセサリーレシピ】


金箔を芯になるガラスに巻きつけたベネチアンビーズエリカのネックレス。
ゴージャスで品のある仕上がりになっております。
真ん中の小さなジルコニアがアクセサリーのさらなるゴージャス感を増します♪

■アクセサリーレシピ作り方■
 ↑作り方はこちら sorry! 現在公開していません
染色が穴に詰まってテグスが通りにくい場合があります。
その場合はマチ針などで穴を通してから使用するとテグスが通りやすくなります。

■作り方を見て■
トップのベネチアンビーズが主役になるので、ネックレス部分はシンプルに通すだけの3連タイプ。
トップ部分の作り方はとても簡単なので、初心者の方にはおすすめです!

■必要な材料■
 ベネチアンエリカ クリスタル/ゴ-ルド 1ヶ
 ジルコニア3mm ゴールド 1ヶ
 ボヘミアングラス パール3mm 113ヶ
 スワロフスキー3mm ライム 2ヶ
 スワロフスキー3mm クリスタルドラド 3ヶ
 スワロフスキー4mm クリスタルドラド 2ヶ
 つぶし玉 小 銅古美 6ヶ
 丸カン 0.6×2.8 銅古美 6ヶ
 丸カン 0.8×4.0 銅古美 2ヶ
 フック 銅古美 1ヶ
 アジャスター 銅古美 1ヶ
 テグス2号 40cm
 ナイロンコートワイヤー ナチュラル(細) 180cm


◆ベネチアンビーズとは◆
ベネチアンビーズは水上都市べネチアで生まれたガラス工芸の技を使ったハンドメイドビーズ(マシンメイドのものもあります)です。
その芸術性の高さには定評があり、ガラスの宝石とさえ呼ばれてます。
ベネチアンビーズは、銅の棒にガラスを巻きつけてつくり、固まったものを硝酸につけて、棒を溶かして製造します。
このためビーズの穴の部分、つまり銅の棒が通っていた部分が透明になります。
明るいものから深いカラーまで、独特な色使いと繊細なデザイン・色使いが特徴。
デザインも豊富で金のラメが入っているものなどもあります。
デザインにボリューム感を持たせたい時、ポイントを浮かび上がらせて遊び心を加えたい時に最適です。

「エリカ」はヨーロッパではポピュラーな、ピンク、白などの小さな花をつける低木のことで、葉っぱをひねった形のビーズになります。

| ネックレス【アクセサリーキット】 | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

アメジストのネックレス作り方【ビーズアクセサリーレシピ】


神秘的な紫色が綺麗なアメジストの天然石を使用したネックレスです。
ネック部分は3色のドロップビーズが仲良くぶら下がり可愛らしく仕上がっています。
これからやってくる梅雨の季節にキレイ色のアクセサリーネックレスで華やかにお洒落を楽しみませんか?

■アクセサリーレシピ作り方■
 ↑作り方はこちら sorry! 現在公開していません

■作り方を見て■
他の作品と違い、ネックレス部分が凝ったタイプです。
使用しているビーズも小粒タイプで、細かい作業が少し多いので、中級者向けになります。

■出来上がりサイズ■
 ネックレス長さ27.5cm+アジャスター5cm

■必要な材料■
 ドイツビーズ ドロップ アメジスト 10ヶ
 ドイツビーズ ドロップ オリーブ 10ヶ
 ドイツビーズ ドロップ グレー 8ヶ
 ボヘミアンビーズ8mm パープル 3ヶ
 ベネチアングラス3mm ターコイズ 2ヶ
 ボールチップ 金古美 2ヶ
 つぶし玉 小 金古美 2ヶ
 丸カン 0.8×4.0 金古美 2ヶ
 引き輪6mm 金古美 1ヶ
 アジャスター 金古美 1ケ
 テグス2号 540cm
 テグス3号 50cm
 ナイロンコートワイヤー ナチュラル(細) 80cm

 

◆天然石とは◆
昔から、天然石は不思議な力を持つと言われています。
別名「パワーストーン」とも呼ばれ、色々なアクセサリーとして楽しむことができます。
昔の人はこれらの石をお守りや魔よけとして使っていたそうです。
身につけた人の潜在能力を引き出し、心を豊かにしてくれます。
どれも自然が作り出したものとは思えない美しい色のものばかりで、ひとつひとつ異なった輝きを放ちます。
石の種類によってさまざまな効能があると言われています。

アメジスト(紫水晶)は、精神の安定や右脳の活性化すると言われています。
また、愛の絆を深めるとも言われています。

| ネックレス【作り方レシピ】 | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

水牛ビーズのブレスレット作り方【ビーズアクセサリーレシピ】


天然素材の水牛ビーズやパールがコロンッとぶら下がったボリューム感たっぷりのブレスレットです。
キラキラ光る太陽の下、元気にお出かけのときにはお洒落のポイントにこのアクセサリーはいかがでしょうか。

■アクセサリーレシピ作り方■
 ↑作り方はこちら sorry! 現在公開していません

■作り方を見て■
Tピン、9ピンを使って作るので細かい作業が多いです。
これを作る場合は、ペンチなどが必要になります。
中級者むけの作品です。

■出来上がりサイズ■
 ブレスレット長さ約20cm

■必要な材料■
 丸カン1.0×6.0 ゴールド 1ヶ
 丸カン0.8×4.0 ゴールド 8ヶ
 フック ゴールド 1ヶ
 9ピン0.7×30mm ゴールド 8ヶ
 Tピン 0.7×30mm ゴールド 19ヶ

| ブレスレット【アクセサリーキット】 | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

ビーズアクセサリーを作るのに必要なモノ

ビーズアクセサリーを作るには最低限揃えておいた方が作業効率があがるものがあります。

「初めて作る」のであれば揃える必要はありませんが、いくつか作品を作っていくたびに少しずつ買い足していくことをオススメします。

作成に必要な物でもレシピやキットには含まれていない場合があるので、事前に材料は確かめてくださいね。


◆テグス◆
テグス2号
2号、3号がよく使われます。
数字が増えるほどテグスの太さが太くなります。
ビーズの大きさによって使うテグスを変えます。
いろいろなメーカーがありますが、ほとんど変わりません。
初心者さんには「丈夫で切れにくい」タイプもあるので、もしあればこれを利用するといいですよ。
※理由は、初めての場合は何度もやりなおすと思います。そうすると一度折れたりしたテグスは強度も弱くなり切れやすくなってしまうからです。


◆平ペンチ◆

ペンチはツブシ玉などのパーツをつぶす時に使います。

◆ニッパー◆

ニッパーはテグスやワイヤーをカットする時に使います。
仕上げのテグスを切るとき「爪きり」で切るとキレイに切れますよ!

◆丸ペンチ◆

Tピンや9ピンの丸みを作るときに使いますが、なくても平ペンチでもOKです。

◆ボード◆
オリジナルビーズボード
作業するトレーです。
お菓子の空き箱のふたなど何でも代用できるものでOKです。

◆クリップ◆

作業途中で用事ができたときにとおしたビーズがテグスからはずれないようにとめておくのに使います。
クリップ、洗濯バサミ、家にあるものでOKです!

◆毛抜きピンセット◆
指輪など、最後のテグス処理でビーズにテグスがとおりにくいときにひっぱるのに使用します。
あると便利ですよ!

■アクセサリーレシピの作り方を見て■
初めて作るという方には、レシピ(作り方)をみても「よくわからない!」と感じるかもしれませんが、何度も繰り返し見ているうちにわかってきますよ。
誰でも初めからキレイには作れませんw
けど、何度か繰り返し作っているうちにテグスの力加減など作り方のコツをつかめてきます。
ネックレスやブレスレットの作り方を見てわかるように、Tピン、9ピン、ボールチップなどもよく利用します。
これらは失敗してもいいように(練習用)に分量外購入することをおすすめします。
「不器用だからできない」は関係なく、多少形がくずれていても自分でレシピ(作り方)を見ながら頑張って作ったアクセサリーは愛着がわきますよ!

| パーツ・金具・工具 | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

クレマチスリング【ビーズアクセサリーキット】


つる性植物の花「クレマチス」の花が群生するような、華やかさのあるイメージのリングです。
出来上がりサイズ約13号。

■キットのレベル■
 中級~上級

■ワンポイントアドバイス■
ビーズ・ボタンアクセサリーキットの制作には、ペンチ(先が普通のタイプと丸いタイプの2種類あると便利)、ニッパー(ワイヤーなどはハサミより切れて便利)、ボンド(エポキシ系が強力でいいです)などが必要になります。
最初っから専用のものを用意しなくても、家にある大工工具箱をのぞいてみてください。ペンチなどは先の細いものが適しています。
そのほか、ツマヨウジやピンセット、マチ針があるとより便利です。

| 指輪リング【アクセサリーキット】 | cm(0) | tb(0) | ビーズの作り方【ビーズアクセサリーレシピ】TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。